長く株式投資を続けるために | Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
長く株式投資を続けるために


みなさんこんにちは。

一時の動揺はやや収まり、株式市場も落ち着きを
取り戻しつつあるようですね。それでも世界の株価は
8月前半の水準を随分と下回る状態にあります。

先週も申し上げましたが、このような株価の動きに一喜一憂して
いては身が持ちません。あくまで長期投資と割り切って、
5年後,10年後のイメージを持ちたいものです。

とはいっても、そこは人間です。

日経平均が一日で1000円近くも下げれば、
愉快なはずはありません。

この間仕事の集中度が落ちた方もいたでしょうし、
なかにはストレスに耐えきれず、株を投げ売りして
しまった方もおいでではないでしょうか。

長く株を持っていますと、必ずこのような急落局面は
あるもので、私たちはその都度ストレスにさらされる
ことになるわけです。

では私たちがこのようなストレスから逃れたり、あるいは
ストレスを和らげる方法はあるのでしょうか。

僕はあると思います。

まず第一に資産の質的な分散です。

そもそも株やコモディティといった、景気変動の影響を
受けやすい金融商品を持つからハラハラするのであって、
景気の影響を受けにくい金融商品を持てば、そのような
ストレスは受けません。

その代表は先週お話ししたクラシック・コインですが、
他に不動産もその資格を備えているといえるでしょう。

不動産相場は景気変動の影響を受けますが、株や
コモディティのように、取引所でリアルタイムに売買されて
いるわけではありません。

厳密に言えば時々刻々と相場は変動しているかもしれませんが、
少なくとも所有者は、その値動きに鈍感でいることはできます。

あるいは大半のヘッジファンドも、景気変動の影響を
受けません、従って質的な分散として有効な対象では
ないかと思います。

二つ目はご自分にとって必要最小限の金額で、
株式投資を行うということだと思います。

人それぞれ個性があるように、ライフプランも様々です、
僕の事務所においでの方をみてつくづく思うのですが、
本来必要としないリターンを求める人の、
なんと多いことか・・・

リターンの裏側はリスクです。

ライフプランからみて必要以上のリターンを求める行為は、
いいかえれば過剰なリスクの追及です。

長いあいだ株を持っていますと、かならず数年に一度の急落を
経験するもの・・・

過剰な額の株式投資によって、精神のバランスを崩すような
ことはないか・・・最悪の場合、ライフプランを根底から
崩す事態に陥ることはないか・・・最初に資産配分を決める時点で、
注意深く検討する必要があるでしょう。

三つ目は上記二つとも関係があるのですが、生活の基盤を支える
(給与収入以外の)収入を他に持つということだと思います。

例えば不動産か得られる賃料収入や、債券から得られる利息
など、お給料以外の定期的収入が十分あればどうでしょうか。

この場合株価が急落しても、その方の生活に支障をきたすことは
ありません。余裕をもって、株価急落に向き合えるはずです。


人それぞれストレスに対する感受性や抵抗力に
差がありますので、すべての方に上記のような考えが
あてはまるとは思いません。

ただ上記のような観点に留意することによって、多くの
皆さんは余裕をもって株式への長期投資をおこなって
頂けるのではないかと思います。


では今回はこのへんで。
(2015年9月15日)


このBlogを書いているのは

◆資産運用、相続のご相談なら、銀座なみきFP事務所◆
 http://www.ginzafp.co.jp

| ginzafp | 資産運用 | 12:34 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:34 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。