降りるべきか乗るべきか | Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
降りるべきか乗るべきか


みなさんこんにちは。

「景気サイクルは実体経済と人間の心理の共振現象」と
前回のコラムで申しあげました。

例えば現在のような景気の回復期において、
その回復トレンドが途絶え、今度逆向きのトレンド(即ち
景気の後退トレンド)に転じるためには、その『共振』を
断ち切る『外からの力』が必要になります。

ではその時いったい、どの程度の大きさの『外からの力』
が必要になるのでしょうか。

私はその時点の景気回復の強さに依存すると考えています。


仮に現在の景気回復の勢いが、例えば回復の初期にみられる
ような、ごく小さなものだったとすればどうでしょうか。

おそらく景気のトレンドを反転させる『外からの力』も、
それほど大きなものである必要はなく、ごく僅かな圧力でも
景気は下降トレンドに入ることになるでしょう。

逆に景気回復が既に相当期間継続し、例えば市場が既に
バブル的要素を帯びていたとすればどうでしょうか。

この場合、すでに参加者の心理はかなり敏感になっており
ますので、さきほどと同じく僅かな外圧でも景気は反転することに
なるはずです。

一方で仮に現在の景気回復が比較的若く、なおかつ勢いのある
ものだったとすればどうでしょうか。

この場合景気を反転させるためには、相当大きな『外からの力』
をかける必要があるのではないでしょうか。

さてこのような観点で、いまの世界経済を見渡せば
どうでしょう。

『外からの力』としてみた欧州問題は、どの程度の大きさを
もっているのでしょうか・・・

また現在の景気回復の勢いは、その圧力を跳ね返す力を
もっているのでしょうか・・・

今後しばらく欧州は、財政再建に取り組まざるを得ず、
従って欧州の景気回復の勢いは弱まると考えておくべきでしょう。

これに対し、新興国、資源国、米国中心とした景気回復は、
欧州要因を吸収するだけの力を持っているのでしょうか。

相場に乗るにしても降りるにしても、ここしばらく私たちは、
この点に目を凝らして市場をみておく必要があるのでは
ないでしょうか。

 

 

では、今回はこのへんで。

(2010年5月11日)


◆資産運用のご相談なら、銀座なみきFP事務所◆

 http://www.ginzafp.co.jp/

| ginzafp | 株式 | 13:42 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:42 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。