金と銀 | Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
金と銀

みなさんこんにちは。

今回は銀(シルバー)について少しお話を致します。

歴史的に見て我が国では、銀の価値を高く見て、金の価値を低く
見る傾向があったようですね。

例えば江戸時代の一分銀(いちぶぎん/四分で一両でした)と
一分金(いちぶきん)は等価で、「一分銀」には約8.6グラムの
銀が、「一分金」には約1.6グラムの金が(注1)含まれていました。

(注1)江戸時代末期に鋳造された貨幣の場合です

言い換えますと、我が国の場、当時の金と銀の交換比率は

金対銀=1.6対8.6

もっと簡単にいいますと、「金は銀の約5.4倍ほどの価値しかなかった」
ということになります。

確かに我が国にも、(今話題の)石見銀山という、当時世界有数
の銀山はありましたが、それでも世界水準で見ると、日本には優良
な金鉱が多く、そのぶん金の価値は銀に対して相対的に低く評価
されてきた、このようにいえるのではないでしょうか。

江戸時代末期から明治初期、その交換比率の歪みに気付いた欧米
の商人達は、日本に大量の銀貨を持ち込む一方、日本の金貨を
買い付け荒稼ぎをした、このような記録も残っています
(すでにヘッジファンド的!)。

ところでここ数十年の金と銀の価格比を見てゆきますと、
なかなかおもしろいことに気付きます。

1973年から金が最高値をつけた1980年の金/銀レシオ(注2)を見ますと

・38.0(1973年)
・33.9(1974年)
・36.7(1975年)
・29.0(1976年)
・32.3(1977年)
・35.8(1978年)
・27.7(1979年)
・29.7(1980年)

(注2)1グラムあたりの金の価格を、同重量の銀価格で割って  
    出した指数(私が勝手に名づけました)。

となっております。年を追って金/銀レシオが徐々に小さくなって
いますが、この間

金 97.2ドル(1973年)→612.1ドル(1980年)
銀 2.6ドル(1973年)→20.63ドル(1980年)

(注3)いずれも各年末時点のスポット価格

というように、金・銀とも価格そのものは上昇し続けております。


ではさらに、その先の金/銀レシオを見てみましょう

・43.7(1981年)
・47.3(1982年)
・37.1(1983年)
・44.3(1984年)
・51.8(1985年)
・67.2(1986年)
・63.7(1987年)
・66.9(1988年)
・69.4(1989年)
・79.6(1990年)
・89.7(1991年)


この間は上記の期間とは逆に、金・銀とも価格をほぼ一貫して
下げ続けました。

金 1981年(446.8ドル)→1991年(376.1ドル)
銀 1981年(10.5ドル)→1991年(4.0ドル)

続いてその先をみてみますと(少し行数が多くなりますので3年
ごとにさせていただきます)

・87.5(1992年)
・74.0(1995年)
・53.2(1998年)
・61.7(2001年)
・61.1(2004年)
・54.9(2007年10月末現在)

とこのように推移しており、この間の金・銀の価格は

金 1982年(446.8ドル)→2007年10月末現在(754.5ドル)
銀 1982年(10.5ドル)→2007年10月末現在(13.7ドル)

と上昇しております。


以上見てまいりましたが、これらのことからいくつかのことが解ります。

1.金と銀の価格比は下は20台、上は80台の間で激しく変動する。

2.貴金属の上昇局面ではレシオは低くなり、下落局面ではレシオ
 は高くなる。

言い換えれば、銀は価格上昇局面では金より上昇率が大きくなり、
下落局面では激しく下落するということがいえます、江戸時代の
日本では金と銀の産出量の違いが、金銀相場の歪みを生みましたが、
すくなくともここ数十年をみますと、相場をゆがめるほどの鉱山は
発見されておりません。

代わって金/銀レシオに影響を与えるのは、短期・長期の投資マネー
です、銀は金にくらべ市場が小さく、例えば時価総額を単純に比較
すると、銀の市場規模は米ナスダックに上場する、スターバックスの
時価総額の僅か1/7に過ぎないそうです(注4)。

(注4)「世界が注目するシルバー投資」(チャールズ・スポパドック著)

そのため、僅かな投資資金が流入しただけで、市場が一気に高騰
してしまう可能性があるというわけです。

あるいは、今後の銀相場を占うという意味では、金属としての
銀の特性にも注意が必要です、銀は金に比べ腐食しやすい一方で、
導電性(電気を通す性質)が高く、携帯電話や携帯オーディオなど、
微細でかつ高品位な加工が要求される電子機器にとって、必要不可欠な
産業用金属としての側面があります。

このような電子機器は、大きな人口を抱える新興国の生活水準
が上がれば、需要の裾野がさらに広がることが予想され、実需の
観点からも、今後の銀の受給の引き締まりを予想できます。

銀は、産業用途という実需の割合が非常に大きいという点で、金とは
違った特質を持っている点を見過ごしてはなりません。

さらに銀は、今後45年に世界で消費される量の、わずか1/10程度しか
埋蔵量がない(注5)、枯渇危惧金属の筆頭に挙げることができ、
そういう観点でも、今後の相場が一変する可能性を秘めております。

(注5)独立行政法人 物質・材料研究所の研究レポート より

以上、銀について長々と書いてきましたが、日本人から見て
「金」は資産運用の対象として大いに注目を集めていますが、
こと「銀」に関して書籍、報道等をみても資産運用の対象と
してまず取り上げられることはありません。

これを機会に日経新聞などで、銀価格を毎日チェックする習慣を
お付けになってみてはいかがでしょうか。

思わぬ成果を挙げられるかもしれませんよ。




では 今回はこのへんで。(2007年11月6日)


| ginzafp | コモディティ | 15:23 | comments(1) | trackbacks(7) |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:23 | - | - |
いつもメルマガ楽しみにしてます。需要と供給のミスマッチに投資魅力ありというところでしょうか。自分にとってレアメタルは投信でポートフォリオに入れてもいいかなと思いつつ、最近の上がり方のすさまじさをみてためらってもしまう投資資産です。
| ゆう | 2007/11/13 10:00 PM |










http://ginzafp.jugem.jp/trackback/162
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/13 4:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/13 4:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/13 4:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/13 5:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/13 7:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/14 4:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/16 11:21 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。