プラチナ、金・・・・そして銀 | Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
プラチナ、金・・・・そして銀
みなさんこんにちは。

このブログで、私はコモディティについて時々書かせて頂いておりますが、
今回は『銀』をテーマに書いてみたいと思います。

皆さん金やプラチナなどについては、投資対象としての知識をお持ちだと
思いますが、銀を投資対象として見られる方は少ないのではないで
しょうか(実は私自身もそうで、一昨年、ご相談者からの質問を
きっかけに勉強を始めました)。

現在の銀の価格は、1オンス(約30グラム)あたり13ドル半ばですが、
例えば今から34年前の1973年、銀の1オンス当たりの価格は何ドルだった
と思われますか?

答えは2.56ドルです、2007年2月の銀の平均価格は13.94ドルですから、
この間約5.4倍になっています。

5.4倍と聞きますと、とんでもない上昇率のように思えますが、年間平均
に換算しますと5.2%の上昇率に過ぎません(ちなみに1973年末の日経平均
株価は4300円で、こちらは現在は約4倍です)

さらに貴金属というくくりで他の商品も見ておきますと、例えば

・金(97.22ドル/オンス → 664.92ドル/オンス)
・プラチナ(156.04ドル/オンス → 1206.61ドル/オンス)

注)いずれも左側は1973年の年間平均、右側は2007年2月の月間平均)

となっており、この間の上昇率は金で約6.84倍、プラチナは約7.73倍。

上記のように、1973年から2006年の33年間という長期でみれば、金やプラチナの
上昇率に比べ、銀の上昇率は見劣りがするように思えます。

ところが、2002年以降に限ってみれば、少し違った景色が見えてきます。

・金(332.61ドル/オンス → 664.92ドル/オンス)
・プラチナ(596.79ドル/オンス → 1206.61ドル/オンス)

注)いずれも左側は2002年12月の月間平均、右側は2007年2月の月間平均)

金はこの4年強で約1.99倍、プラチナは約2.02倍となっておりますが、これに
対し銀はといいますと


・銀(4.658ドル/オンス → 13.946ドル/オンス)

となっており、同期間に約2.99倍に上昇、金やプラチナに比べ突出して高い
上昇率を示しています。


さて、これらのデータから私達は一体何を読み取り、それを資産運用に
どのように活用していったらよいのでしょうか。

最初の30年間、金やプラチナに対して一貫して弱かった銀が、
どうして2002年を境に上昇基調を強めたのでしょうか、まずはその理由に
ついて考えてみたいと思います。

銀の用途は現在

1.工業用(41.8%)
2.宝飾品用(28.2%)
3.写真フィルム用(20.6%)
4.投資目的(4.8%)
5.コインやメダル用(4.7%)

(「ワールド・シルバー・サーベイ 2005」より)

となっています、日本人は一般的に銀を宝飾品としては見ませんが、
欧州では庶民の宝飾品として根強い人気があるようです、写真フィルム用が
依然として20%と大きな割合を占めていますが、この部分はいずれデジカメ
にとって代わられますので、用途としてはこれから減少してゆくでしょう。

それより大切なのは1の工業品用途です、あまり知られていませんが、
実はこれが銀の最大用途で、携帯電話、携帯オーディオなど、微細な加工が
要求される製品では、金とならび隠れた原材料として欠かせません。

これら用途を見る限り、写真フィルム用途はむしろ減少傾向が予想され
るなど、取り立てて銀の価格を上昇させる要因は見当たりません、ただ、
投資目的で年金基金等がETF経由で銀の保有を強めるでしょうから、
銀そのものにとっては、好材料になるでしょう。ただし、それは
金やプラチナ(プラチナのETFはありませんが)も同じこと、銀が
他の貴金属に対して強くなる要因とは思えません・・・


では、ここ数年の銀の強さはどこから来ているのでしょうか。


私はその答えは、『埋蔵量と需要予測』の関係にあると思います。


今年2月15日、「独立行政法人 物質・材料研究所」が「2050年までに
世界的な資源制約の壁」と題するレポートをまとめました。

 ttp://www.nims.go.jp/jpn/news/press/press178.html

注)「独立行政法人 物質・材料研究所」:科学技術庁傘下の2つの
  研究所が合併し平成13年に設立された独立行政法人。

これによりますと「2050年までに多くの種類の金属が現有の埋蔵量
ではまかないきれなくなり、中には埋蔵量の数倍の使用量が予想される
金属もあることがわかった」とのこと、「特に、金、銀、鉛、錫
の(2005年以降の)累積使用量は2020年の時点で現有埋蔵量を超えることが
予想される」としています。

要するに、いままでも「埋蔵量が枯渇する」という程度のことは言われて
きたが、BRICs などの成長を想定した上で再計算してみたら、危機的な
状況に陥ることが解った、とまあこういうお話です。

さらに、本レポートでは各金属ごとの「埋蔵量」と「使用量」の予想を
グラフ化しているのですが、それによりますと今後最も状況が厳しいのは
銀で、「埋蔵量」を1としますと、今後2005年から2050年までの予想「使用量」
は10.3となるとのこと、言い換えますと、今後5年程度で現在確認されている
「採掘可能な銀」は掘り尽くされてしまうという事になります。

もっとも、これは2005年から2050年まで平均的に銀が使用されると考えての
お話しですし、銀の価格がさらに高騰することによって、今後採掘可能な
鉱山も増えて行くでしょう、あるいは廃家電からの回収技術、さらには
他の金属での代替技術も開発されるに違いありません。

ですから決して悲観することもないと思うのですが、ここのところ
銀や他のレア・メタル類の価格が急騰しているのは、このように
新興国の経済成長を前提とした『埋蔵量と需要予測』の関係を、市場が
徐々に織り込みつつあるからではないでしょうか。

金やプラチナもいいと思いますが、『銀』をポートフォリオに加える
こともご検討になってみてはいかがでしょうか。





では 今回はこのへんで。



| ginzafp | コモディティ | 17:36 | comments(0) | trackbacks(37) |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:36 | - | - |









http://ginzafp.jugem.jp/trackback/131
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 6:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 7:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 7:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 8:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 8:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 10:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/03 2:17 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/03 8:41 PM |
バーバリーの歴史
バーバリー(BURBERRY)は英国生まれのファッションブランドです。創業者のトーマス・バーバリーは農民が作業中の汚れ防止に服の上から羽織っていた上着をヒントに「ギャバジン」といわれる耐久性・防水性に優れた新素材を生み出し、1888年に特許をとり、製造権を独占し
| バーバリーバッグのすべて | 2007/04/03 9:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/05 3:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/06 7:46 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/06 10:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/06 12:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/08 12:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/08 12:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/08 3:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/08 6:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/09 1:30 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/09 7:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/10 12:54 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/10 1:02 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/10 1:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/07 12:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/15 6:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/20 3:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/27 2:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/31 2:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/02 7:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/06 8:38 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/18 9:28 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/25 9:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/05 8:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/08 6:31 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/09 10:41 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/10 5:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/10 5:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/10 5:19 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。