Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
東京の不動産はバブルか


みなさんこんにちは。

 

「東京のワンルームマンションはバブル化して
いるんじゃないでしょうか?」

 

僕はお客さんから時々このような質問を頂きます。

 

確かに東京のワンルームマンションの相場は随分上がって
きました、そういえば僕がこの事務所を開業したころ
(今から14年以上前です)は、手取りベースの収益率が
6%を超える物件がゴロゴロしていたものです。

 

今にして思えば当時の不動産は安すぎました。

 

金融の世界で日本国債は、信用リスクがゼロの資産、
つまり「無リスク資産」と位置づけられます。

 

株や社債など他のあらゆる金融商品は、
この日本国債と比較して評価されることになります。

 

そのような観点で当時の不動産を見ればどうだったでしょう。

 

例えば14年前の2004年時点で、日本の超長期金利(すなわち
日本の30年国債の利率)は2.7%ほどでした。

 

続きはこちらからどうそ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

https://www.ginzafp.co.jp/info/181005.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 不動産 | 15:00 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
5Gで変わる世界・・そして株/具体編


みなさんこんにちは。

 

前回は、高速通信「5G」によって私たちの生活ばかりではなく、
経済や産業も大きく変貌するというお話しをいたしました。

 

今回はもう少し踏み込んで、
資産運用という観点でこの問題について考えて
みたいと思います。

 

5Gによって成長する領域はどこなのでしょう。

 

まず自動車やロボット、家電など完成品メーカーが、
良い立ち位置にいることは間違いないと思います。

 

ただし投資に値するかどうかという観点で見れば
少し違うような気がします。

 

例えば自動車です。

 

トヨタやスバルなど自動運転技術で先端を行く会社はありますが、
この分野は異業種の参入が顕著です。

 

(続きは以下でお読みいただけます)

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

https://www.ginzafp.co.jp/info/180926.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 相場予想 | 12:47 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
5Gで変わる世界・・そして株


【5Gで変わる世界・・そして株】


みなさんこんにちは。

 

皆さんは5Gという言葉をお聞きになったことが
ありますか?

 

5Gというのは通信の新しい統一規格のことで、
いま私たちが使っているスマホを支える通信規格、
すなわち4Gの次世代版です。

 

5番目の世代(Generation)なので、5Gと呼ばれて
いるそうです。

 

ここまでの通信規格を振り返ってみますと、
1Gが登場した1980年代以来、ほぼ10年ごと新しい規格が登場し、
その都度私たちの生活スタイルに大きな影響を与えてきました。

 

1G時代はアナログによる音声通信のみでしたが、
1990年代に登場した2G時代はデジタル化され、私たちは
携帯電話でメールができるようになりました。

 

2000年代に登場した3Gでは、動画や音楽が楽しめるようになり、
いまのスマホ社会は4Gがベースになっています。

 

こうやって振り返りますと世代が新しくなるにつれ、
私たちへの影響の度合いは大きくなってきていることがわかります。

 

そして2年後の2020年、私たちはいよいよ5Gの世界に
足を踏み入れることになります。

 

その5Gの世界はいったいどんなものなのでしょう。

 

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180920.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 相場予想 | 15:26 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
危機への備えが資産のバランスを崩していないか


みなさんこんにちは。

 

先週の「レバレッジ依存症」に続き、
今回は「日本の財政破綻に対する過敏症」について
お話し致します。

 

確かにわが国の財政は危機的だと思います、
政府が発行する国債の大半を日銀が買うなど、
冷静に考えるとそうとうヤバいといえるでしょう。

 

しかも日銀による国債買い入れは、
黒田総裁就任以降5年以上も続いています、
すでにそれが当たり前になっていて、
政府の予算編成にも危機感が欠けているように思います。

 

ただしだからといって、来年にでも日本の財政が破綻すると
いう勢いで、例えば資産の多くをスイスのプライベートバンクに
疎開させたり、オフショアのヘッジファンドを大量に買って
しまってよいものでしょうか。

 

もう15年近くにも前なるでしょうか・・・

 

『最後の2年』などと言ってわが国の財政破綻を煽り、
海外投資をさかん勧める人がいましたが、あれから
15年ほど経ちましたが日本の財政は破綻していません。

 

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180912.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 資産運用 | 13:00 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
レバレッジとライフプラン


みなさんこんにちは。

 

僕の事務所にはいろんな方がお見えになりますが、
「レバレッジ依存症」は一つの傾向です。

 

レバレッジは「テコの原理」のことですが、
金融の世界では手持ちの資金に対して借り入れを起こし、
大きな投資を行うことを指します。

 

例えば株の信用取引もレバレッジを利用していますし、
為替の証拠金取引も同様です。

 

時々レバレッジをかければ儲けが大きくなると勘違いする方がいますが、
決してそんなことはありません、もちろん勝負に勝った時の儲けは
大きくなりますが、逆に負けたときの損も同じ幅で大きくなります。

 

つまりレバレッジ自体は収益に対して中立で、
儲かった人の取り分と損をした人の負け分を合わせると
チャラです。

 

不動産投資におけるレバレッジも同様です。

 

 

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180905.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

| ginzafp | 不動産 | 12:44 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
ベーシックインカムとロボット化がもたらす明るい未来


みなさんこんにちは。

 

以前から僕はAIやロボット化についていろいろ考えてきました。

 

たとえば、

・AIとロボット技術が合わさると、それは僕たちが子供のころに
みたアンドロイドではないだろうか。

 

・アンドロイドは人間に代わって働き、いままで人が担ってきた
労働から人間は解放されるかもしれない。

 

・その時人間はどうやって収入を得るのだろうか。

 

・AIロボットの所有者に富が集中してしまい、
それ以外の庶民は残された仕事を分け合って細々と
生きていくのだろうか・・・

 

こんな疑問についてです。

 

もし上記のように、『ロボットの所有者に富が集中する未来が
来るとすれば、それはかなり憂鬱だな』などと悶々としていたのですが、
先日ある新聞(雑誌かもしれません)で面白い考えを目にしました。

 

どなたが書かれた記事だったか記憶にないのですが、簡単にいえば
以下のように、「AIロボット社会」とベーシックインカムの組み合わせ
について書いたものでした。

 

 

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180831.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

| ginzafp | 社会現象 | 15:18 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
日銀の金融政策と現物資産


みなさんこんにちは。

 

一抹の理不尽さを感じているのは僕だけでしょうか。

 

確かに日銀内で政策を決めているメンバーは、
長い経験と専門的な知識を備えた素晴らしい人たち
ばかりなのでしょう。

 

安倍首相の経済ブレインも同様だと思います。

 

ただし、政府や日銀の政策決定に関与する、
いわばわが国の金融政策の中枢に居る人たちが、
常に正しい判断をするとは言えません。

 

過去を振り返れば日銀総裁だった三重野さんです、
1989年に日銀の総裁に就任し、その直後か

ら不動産バブルをつぶすため、
矢継ぎ早に金融引き締めを行いました。

 

当時の政府も、日銀と足並みを揃えて不動産バブルつぶしを行いました、
これが悪名高い「総量規制」で、旧大蔵省は金融機関から
不動産へ流れるマネーの蛇口を唐突にしめたわけです。


その結果どうなったでしょうか。

 

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180823.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

| ginzafp | 実物資産投資 | 14:57 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
富裕層に求めらる資産運用の考え方


みなさんこんにちは。

 

先週のメルマガで僕は、

『積み立て投資には利点が多いが、
すべての人が等しくその利点を享受できるわけではない』

という趣旨のお話しをいたしました。

 

特に一定額以上の資産を構築された中・高年齢層の
方にとって、積み立て投資は利点が少ないと思います。

 

例えば既にリタイアされた年齢60歳の方が、
総資産2憶円のうち1憶円の余資運用を考えたとしましょうか。

 

この1憶円で毎月10万円ずつ株式投信を積み立てたとすれば、
積み立てが終了するまで80年以上かかります、毎月の積立額を
50万円にあげても16年以上です。

 

はたして現実的な選択肢といえるでしょうか。

 

時間軸の問題だけではありません。

 

積み立て投資は、株や投信などリスクの高い金融資産への
投資においてこそ効力を発揮するものです。

 

そもそもこのような多額の財産を築いた方にとって、
株や投信などハイリスクな資産への投資が必要なのでしょうか。

 

続きは以下サイトでどうぞ・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

 

http://www.ginzafp.co.jp/info/180809.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 資産運用 | 16:36 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
積み立て投資の問題点

【積み立て投資の問題点】


みなさんこんにちは。

 

積み立て投資はいいですね。

 

毎月自動で一定額を投資できますので、
相場の上げ下げに一喜一憂する必要はありません。

 

「ドルコスト平均」といって、相場が下がればそれだけ多く
の株(もしくは口=クチ)が買えますので、平均購入単価を
下げることもできます。

 

なにより相場を読まなくて済むのがいいですね。


相場が上がれば持っている資産が増えて気分がいいですし、
相場が下がっても上記のように「安く買える」と自分を
納得させることができます。

 

続きは以下サイトでお読みいただけます・・・

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

 

http://www.ginzafp.co.jp/info/180803.html

 

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 株式 | 14:40 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
中国経済の実態と貿易摩擦問題


みなさんこんにちは。

 

例えばある上場会社Aの今年の売り上げが100憶円だったとしましょう。

 

このA社が業績を良く見せるため、
データをごまかして売り上げ120憶円と発表したとします。

 

この段階ではさして不都合は起こりませんが、
次の年はどうなるでしょう。

 

仮に次の年のA社は業績がよく、
110憶円の売り上げをあげたとしましょう。

 

でも上記のようにA社は昨年の売り上げ実績を120憶円と
発表していますので、そのまま110憶円と発表すれば減収となって
しまいます、その場合おそらくA社株は売られてしまうでしょう。

 

そこでA社の経営者は考えます。

 

今年もまた売り上げを水増しして発表しよう・・・

 

そう考えた結果A社の次の年の売り上げは、
昨年発表した120憶円に対し20%増しし、
144憶円となるわけです。

 

つまりリアルな数字110憶円に対して144憶円の売り上げです。

 

このようにして過去に行ったたった一回の水増しによって、
A社は次年度以降もゴマカシ決算を続けることになります。

 

 

続きは以下サイトでご覧いただけます。

 

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180726.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

 

| ginzafp | 国際経済 | 15:36 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。