Money Management!

Money Management!

独立FP法人 銀座なみきFP事務所

銀座なみきFP事務所

このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
人はお金が増えるほどお金を欲しがるのか


みなさんこんにちは。

 

人はお金があるほどお金を欲しがるのでしょうか、
逆にお金がない人のほうがお金を欲しがるのでしょうか、
それともお金の量と人の欲は無関係なのでしょうか。

 

「そんなことを考えて何か意味があるの?」
と言われそうですが、実はこれは重要な問題です。

 

例えば先の金融ショック以降、日米欧の中央銀行は
大量のお金を印刷し、その印刷したドルや円で、
国債や株式(注)などを買ってきました。

 

注)株を買ったのは日銀だけで、
ETFを経由して株を買いました。

 

例えばアメリカのFRBは大量のアメリカ国債を買った結果、
国債の価格は急騰しましたので、同国債を保有していた
機関投資家や個人は大きな含み益を得ることができた
はずです。

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180613.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 株式 | 13:28 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
安く安全にコインを買う方法


みなさんこんにちは。

 

モノの価格の決まり方にはいろいろありますが、
競り上がり方式のオークションはそのうちの一つです。

 

オークションは、一つの商品に対して複数の
買い手が値を競い、そうち最高額を提示した人が、
その商品を買うという仕組みです。

 

紙幣、切手、美術品、宝石、コイン・・・


僕はもう何年もオークションに参加してきましたが、
参加するたびにその奥の深さを知ります。

 

一般にオークションでは人気が高い商品ほど高値を呼ぶのですが、
必ずしもすべてがそうでないのが、また面白いところです。

 

オークションで最終的に競りに残るのは必ず二人に絞られます、
これはどういうことかといいますと、たった二人のマニアックな
参加者がいれば、その商品は驚くほどの高値をつけるということです。

 

世の中にいくつでもある商品ならこのような現象は起きないのですが、
例えばコインのような収集アイテムの場合そうはいきません。

 

今回見逃せば次いつ出会えるかわからない・・・

 

このようにコインには一期一会的な要素がありますので、
いくら出しても惜しくはないと考える人もいるものです。

 

そのような希望者がたった二人いるだけで、
そのコインは延々と競るわけです。

 

一方で逆もあります。

 

 

 

→続きは以下サイトでお読みいただけます。

 

(株)銀座なみきFP事務所 コイン専門サイト

http://www.antique-coin.jp/column/u-38.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 株式 | 13:39 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
資産運用に困ったら

みなさんこんにちは。

 

例えば皆さんが銀行の窓口に出向き、
行員から外貨建て終身保険の勧誘を受けたとしましょう。

 

行員は皆さんにその保険を勧めるため、
その商品がいかに有利で儲かるかを力説するに違いありません、
そして最後のほうでほんの少しだけ、手数料や中途解約時に
発生する費用について説明することでしょう。

 

説明の中で他の金融商品との比較をするかもしれません。

 

例えば日本国債で運用した場合の収益率の低さ、
外貨建て債券で運用する投信や株で運用した場合のリスクの高さ、
不動産で運用した場合の流動性の低さ・・・

 

このような比較の中で、
その行員が売りたい外貨建て保険に巧みに誘導するのです。

 

では皆さんが仮に証券会社の窓口に出向けばどうでしょう。

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180522.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 資産運用 | 11:41 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
アメリカ株の仕込み時は


みなさんこんにちは。

 

アメリカの長期金利と短期金利の逆転は、
景気後退の予兆としてかなりの信頼性があります。

 

一般に長期の金利は短期の金利より高くなる傾向にありますが、
それは貸す側からみて長期に及ぶ貸し出しは、
長い間にわたってお金を拘束されてしまうぶん、
大きな対価が必要だからです。

 

ですから一般的には、

 

短期金利<長期金利

 

という関係が成り立つわけです。

 

ところがどんなときにも上記の関係が成り立つかと
いえば、そういうわけでもありません。

 

なぜなら短期の金利は中央銀行が決める政策金利の影響を受け、
いわば人為的に動くからです。

 

ですから現在のように中央銀行が利上げモードに入ると、
短期金利はそれに引っ張られる形で上昇するわけです。

一方で長期金利のほうはどうでしょう。

 

長期金利は貸し手と借り手の間で自由に決まりますので、
実体経済を反映する形で上げ下げします。

では最近の長期金利はどう動いているのでしょう。

 

長期金利の代表選手である10年債を見ると、
例えば2年債の金利ほどには上がっていません。

これはどういうことかといいますと・・・・

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180516.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 相場予想 | 14:06 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
近未来の会社と株式投資

 

みなさんこんにちは。

 

ここ数年で急速にロボットが普及しましたね、
ネット販売の倉庫ではコンベヤが自動で商品を仕分けし、
それを搬送ロボットが定められた場所に運びます。

 

工場でもロボットが切断から組み立て、溶接から搬送まで行い、
すでに先進的な工場では、人間はフロアに一人か二人という状態でだと
聞きます。

 

いずれ工場の自動化、ロボット化はさらに進み、
人間がそこにいる必要はさらに薄れてゆくに違いありません。

製造現場だけではありません。

 

自動化が進んだ工場と、受注や発注、在庫を管理する事務部門の間で、
コンピュータ同志が直接情報を交換しあい、
人工知能(AI)が製造から物流・在庫管理・販売まで一気通貫で、
勝手に会社を運営してゆくことになるのではないでしょうか。

 

銀行や生保、損保など金融機関も同様だと思います、
扱う商品がモノからカネに代わるだけで、
業務の大半はコンピュータを中心としたAIにとって代わられるに
違いありません。

 

スーパーや百貨店、コンビニなどの小売りの世界でも、
無人店舗が当たり前になるでしょう。

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180511.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 社会現象 | 13:10 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
1円玉のお話し

 

みなさんこんにちは。

 

なんでも今年は明治150年だそうで、それにちなんで
明治維新を振り返る機会が増えた気がします。

 

そこで今回は明治初年当時の貨幣事情について、
少し考えてみたいと思います。

 

明治に入って新政府は通貨体系を一新しました、
それまで使っていた小判や銭などを廃止し、
新しい世界標準のまん丸い通貨を導入したわけです。

 

江戸幕府が外国と結んだ不平等条約の改正を訴えるため、
あるいは欧米との貿易で不利益を被らないためにも、
新政府は世界に通用する通貨体系を導入する必要があった
のでしょう。

 

新通貨制度の制定に伴ってコインも一新されました。

 

江戸時代に金、銀、銅が混在していたのを改め、
高額コインは金貨、中額コインは銀貨、庶民が使う低額な
コインは銅貨というように、コインはその額面によって
材質の使い分けが行われたわけです。

 

金銀銅3種のコインの中で今回お話ししたいのは、
円銀(えんぎん)と呼ばれる一円銀貨についてです。

 

→続きは以下サイトでお読みいただけます。

 

(株)銀座なみきFP事務所 コイン専門サイト

http://www.antique-coin.jp/column/u-35.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | コイン収集 | 13:19 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
開かずの金庫に期待するものは

 

みなさんこんにちは。

 

僕は昔から開かずの金庫を開けるテレビ番組が好きで、
今でもよくみています。

 

大概は貸金の証文や株券、古いお札などしか出てこず、
がっかりしてしまいますが、それでもたまに小判や金貨が
出てきたら番組は盛り上がります。

 

よく考えてみると不思議ですね。

 

私たち視みる側が期待するのは金貨や小判で、
決して株券やお札ではありません。

 

なぜなのでしょうか・・・

 

きっと開かずの金庫に入っている株券やお札など、
たいていの場合価値が無いことを、
私たちは知っているからではないでしょうか。

 

過去を振り返りますと、例えば戦後74年だけをみても、
いろんなことが起きました。

 

 

→続きは以下サイトでお読みいただけます。

 

(株)銀座なみきFP事務所 コイン専門サイト

http://www.antique-coin.jp/column/u-34.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 実物資産投資 | 13:41 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
米中貿易戦争と株価


みなさんこんにちは。

 

先週アメリカのトランプ大統領は、
中国からの輸入品に対して関税をかけると
発表しました。

 

そのむかし日本とアメリカで起きた、
一連の日米貿易摩擦を思い出さずにはいられません。

 

新興の国が経済的に急発展する場合、
既存の経済大国との間で起きるこのような経済摩擦は、
きっと避けて通れないプロセスなのでしょう。

 

思い起こせば日本とアメリカ間の貿易摩擦は長く続きました。

 

1950年代の繊維製品に始まって、その後カラーテレビ、
半導体、牛肉とオレンジ、自動車へと対象は移ってゆきました。

 

特に記憶に残っているのは自動車で、
アメリカは伝家の宝刀スーパー301条を発動、
高級日本車への100%関税を発表し、
これに対し日本はWTOに訴え対抗しました。

 

それでも日本とアメリカの場合、
この問題を協議で決着しようとする意識が強かったようで・・・・

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180409.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

| ginzafp | 国際経済 | 14:02 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
僕がビットコインを持たない理由


みなさんこんにちは。

 

先週開いた説明会のなかで、
ある参加者の方からこのような質問を頂きました。

 

『今回の説明会で田中さんはビットコインについて触れなかったけど、
なぜですか』

 

株や債券、ヘッジファンドなどのペーパーアセット。
コインやカラーストーン、不動産など現物資産のお話しは
いたしましたが、確かにビットコインなどの仮想通貨について
僕は一切触れませんでした。

 

このご質問に対し僕は

『僕も勝負事は嫌いではないので、ビットコインは
面白いと思いますが、なぜかビットコインをいじってみる気には
ならないのです、正直言って自分自身でも本当の理由はよく
わかりません』

 

こんなふうに答えしてしまいました、自分ながら中途半端で
歯切れが悪い答えだと思いましたが、これは僕の本心でした。

 

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180326.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 弊社のポリシー | 15:16 | comments(0) | - |
このBlogの著者田中のメルマガ『一緒に歩もう!小富豪への道』
ただいま11,000名が読んでいます。私たち購入者側から見て、本当に価値ある商品は何かという視点で株、債券、オフショアファンド、不動産ファンドなど最先端の金融商品を、田中独自の目で丁寧にご紹介いたします。
メールアドレス
登録はもちろん無料!!
●田中の「銀座なみきFP事務所」ホームページはこちらへご覧ください。
●メルマガの配信には『まぐまぐ』を使用しております。ご安心下さい。
質的分散と地理的分散


みなさんこんにちは。

 

リーマン・ショックから私たちはいろんなことを学びました。

 

平穏にみえる日常の中で危機の芽が育っていること。

危機は思いもよらぬ場所で突然顕在化すること。

いったん危機が顕在化すれば皆我先に市場から逃げ出し、
さまざまなものの価格が、本来あるべき相場から大きく
逸脱して下げること。

 

そして時間の経過とともに、
あるべき相場帯に戻ること・・・

 

特に富裕層に属する方ほど、
このような金融ショックに対し、
敏感になられているのではないでしょうか。

 

金融ショックを含む大幅な相場変動に対し、
唯一有効な手段は資産の分散ですが、
たとえば株に対して債券を持つこと、
あるいは一定額をREITや商品相場で運用すること・・・

 

このようなペーパーアセットの中での分散は、
果たしてどの程度の効果があるのでしょう。

 

(株)銀座なみきFP事務所  公式サイト

http://www.ginzafp.co.jp/info/180323.html

 

このブログは(株)銀座なみきFP事務所 が提供しております。

 

 

| ginzafp | 分散投資の重要性 | 15:39 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Click Here!
このページの先頭へ


一緒に歩もう!小富豪への道』(ID:0000141697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。